Previous Image
Next Image

info heading

info content

元来この地域は武蔵国多摩郡であり、江戸時代から明治・大正時代も多摩地域に属していた。地理的に東京区部の扱いになったのは、1929年(昭和4年)の世界恐慌後に東京市に編入されてからである。 旧東多摩郡西半にあたり、城西地区と呼ばれる東京23区の西部に位置する。面積は34.02平方キロメートルで、東京23区の中では8番目である。自然が豊富な閑静な住宅地域として発展してきた。 地形的には武蔵野台地上にあり、全体的になだらかな高台地域。特に高台に沿って、古来より甲州街道、青梅街道が南北の区境近傍に東西に通っている。 神田川・善福寺川沿いの低地は、近世には水田耕作に利用されていたが、勾配のきつい坂はないため、広範囲に洪水被害が及ぶことが危惧されている。 大宮一丁目にある大宮八幡近辺が東京都全体の人口重心となっている。

トピックス

杉並区で開催の交流会


くねっとから最新情報を得る